製造工程

非鉄金属の銅は、電気部品を中心とした端子類・架線金物等に、黄銅(真鍮)はバルブや各種継手、水道・ガス・電気機器部品に、そしてアルミは自動車部品をはじめ、あらゆる分野の製品に使用され、SSA工業ではこれら多品種の鍛造品を独自の鍛造技術で製造しています。

おおまかな流れ

  1. 材料
  2. 切断
  3. 加熱
  4. 鍛造
  5. バリ抜き
  1. 鍛造品
    • 機械加工
    • 熱処理・洗浄・ショット
  2. 検査
    (出荷前検査・寸法検査)
  3. 出荷
  1. <金型制作>

    金型制作

    CAD/CAMシステムにより金型の設計から製作までを社内で行います。
    そのためユーザーのニーズに的確に対応し、短納期を実現することが可能となっています。

  2. 材料

    SSA工業が取り扱う金属材は、すべてJIS規格に準拠した高品質な国内材に限定しています。
    お客さまから指定された金属材を使用する場合でも、原則JIS規格に準拠する金属材でのご依頼にのみ対応させていただいております。
    強度、耐久性ともに優れた高品質製品をご提供するSSA工業ならではの「こだわり」は、この材料選定から始まるのです。

  3. 切断

    使用する金属材に適した専用切断機にて、製造部品に応じて決められた適切な材料径・長さ・重量で材料を切断します。
    難削材と呼ばれる特殊素材にも対応。データ制御された正確な切断工程を経て、材料は次工程・加熱へと送られていきます。

  4. 加熱

    加熱工程では、各材料素材ごとに設定された「鍛造に適した温度域」まで加熱されます。
    例えば真夏と真冬など、外気温の変化によって炉内に送り込まれる材料の温度も変化します。
    これらの微細な変化にも炉の出力を調整し、ピンポイントで材料を加熱することで、後に控える鍛造工程をスムーズに進めることができるのです。

  5. 鍛造

    加熱された材料は、鍛造工程にて専用金型を用いてプレスされ、必要な形状へと成型されます。
    プレス機のコンディションや離型材の分量、また僅かな金型取付のズレなどが原因で品質にバラツキが生じる非常にデリケートな工程であり、安定したプレス成型を実現するSSA工業にとっては最も大きな優位性を持つ工程であるともいえます。

  6. バリ抜き

    鍛造工程にてプレスされた成型品の周囲に残った「バリ」を、専用のプレス機にて取り去ります。

  1. 鍛造品

    型打鍛造は、鋳物やダイキャストに比べ巣の無い緻密な組織が得られ、気密性や耐圧性に優れ、特に信頼性を要求される製品には最適な加工方法と言えます。さらに鍛造後の処理についても、熱処理、ショット、酸洗い、機械加工等、大口小口を問わず承り、短納期、少量生産に対応しています。

  2. 機械加工

    機械加工

    鍛造工程にて打ち出されたパーツは、設計図面に即した機械加工による穴あけ・組み立てなどを経て、さらに精緻に成形されます。

    熱処理・洗浄・ショット

    熱処理・洗浄・ショット

    鍛造する金属種ごとに適した熱処理を施すことで、強度や耐腐食性を付与します。また、酸洗い・ショットブラスト・バレル処理など、幅広い表面処理加工技術を用いてそれぞれの部材の使用シーンや利用用途に適した後処理加工に対応しています。

  3. 検査(出荷前検査・寸法検査)

    検査

    完成した成形品は、ノギスやマイクロメータに加えて、三次元測定機・画像測定器を用いて精緻に寸法検査が行われます。厳しい検査基準をクリアした商品が最終の出荷工程へと送り出されます。

  4. 出荷

    出荷

    全ての工程を経て、品質基準をクリアした高品質部材。お客さまご指定の所定の場所まで、弊社工場より出荷されます。